わいんのばか’s diary

実体験に基づいたコスパワインの紹介をしています。お食事との相性や、ぶどう品種によるワインの特徴をゆるく説明しています。ところにより愛狂家っぷりが露呈することも(๑˃̵ᴗ˂̵)

アジアのMSとMWが選んだワイン

先日のこと、ワインジャーナリスト山本氏のフィールドブランドに参加してきました。

 

香港、中国のワイン市場の話は、興味深く、

MWの語る日本ワインの見解も、非常にためになる(偉そうな言い方ですが💦)ものでした。

 

ここ最近は、ワインの勉強のために英語学習に注力していて(英語があまりにできなすぎるので)、ワインの学習と探究は控え気味でしたが、偉大な彼らの言葉や笑顔や酔っ払って楽しそうな姿を拝見・拝聴していると、ワインパワーの凄みを感じずには入られません。

 

単に、自分がワインバカだからかもしれませんが…

 

写真も撮り忘れるほどに、話したり、飲んだり(笑)…

 

数少ないショットを↓

f:id:winenobaka:20180915233419j:image

アリアニコ

苗木の輸入規制が厳しいそうで、中国では、ヨーロッパ品種のみ栽培されているそうです。

中国人はマスカットベリーAがお好きなのだそうですが、自国で栽培する日は、まだ先のようです。

 

f:id:winenobaka:20180915233649j:image

シチリア ネレッロマスカレーゼ

ピノ・ノワールのタンニンをパワフルにしたような、北ローヌのシラーを思わせるような、私好みのワインでした。

 

写真を撮り忘れましたが💦、

カナリヤ諸島のペドロヒメネスは、

樽がかかった辛口で、晩夏の夜風に吹かれながら嗜むのにぴったりな趣きのあるワインでした。

 

締めは日本酒で、

東洋美人の醸造長が指導した岐阜の酒蔵から↓

f:id:winenobaka:20180915234317j:image

東洋美人大好きな自分好みの、旨味がありつつ、くどくなく、余韻が続く。。。

香りには果実味を感じます。

日本酒も造り手の影響は大きいのだなと、感じた一杯でした。

 

最後に、マリアージュされたお料理を!

f:id:winenobaka:20180915234650j:image

f:id:winenobaka:20180915234708j:image

f:id:winenobaka:20180915234740j:image

 

サッカパウは店舗内装も、お料理も、器も、

洗練されています。

素材もよろしい😙

素敵なレストランです❤️

 

明日も早起きして、英語学習です。

ボンニュイ

 

 

 

 

 

 

わいんのばか@キスヴィンワインに恋して♡

Kisvin醸造家の斎藤まゆさんのトークショウ
に行ってきました♡

 

先日、お店で開けたキスヴィンさんの
シラーが、恐ろしく美しく、気になって
仕方ない中で、SNSで偶然に見つけたのが、
このトークショウでした。

 

f:id:winenobaka:20180624200336j:image

一目惚れした2016 シラー

ピノ・ノワールのような、

シラーのような、

クリアで洗練された美しいワイン🍷

 


シラーを飲んでから、24時間経たない、
興奮冷めやらぬ中でのことです。

一目惚れした相手に、いきなり告白する
かのような展開。
わいんばかなる自分ならではの、
クイックアクション、そしてアタック(๑˃̵ᴗ˂̵)

斎藤さんは大学在学中、
南仏コルスでの収穫体験を機に、
大学を中退し、
アメリカに留学。
もちろん醸造栽培を勉強するため。

彼女の決断力の速さは、
今の醸造家としてのブレない考え方にも
現れていると思います。

世界でも、
フランスで、
日本でも、
ビオディナミにトレンドがシフトしている中、

良いブドウを栽培収穫すること、
美味しいワインを作るためには、
許された範囲でのアイテム(新たな培養酵母や諸剤など)を駆使することを厭わない。

そして、
畑が、
自分の死後、
次世代、そのさらに先の世代に、
繋がって生き続け、進化し続けて、
いってほしいという思いを、

ワインが、
消費者に渡った後、
記念日に至るまで何年も寝かされ、
抜栓されることを想像し、
その時によい状態であるようにと
いう思いを、

込めて、栽培し、醸造し、
ボトリングしている。


加えて、
ブルゴーニュの補糖の現実や、
栽培が難しいピノ・ノワール品種は、
ブルゴーニュでも、
ブルゴーニュでなくても、
どこで栽培しようとも難しい、

ということを教えていただきました。
貴重な体験です。


ブルゴーニュでは、
古くからピノ・ノワールを育てているから、
追随する国よりも樹齢は古いわけで、
ドレナージの設備も整っているわけで、
土地性を踏まえた対策も他国より万全なはず。

であれば安定した一定クオリティで、
ワインが作られるであろう。
というような話もしていただき…

ドイツのシュペートブルクンダーも、
歴史は古いと思われ、
ドイツの気候に対応した対策もとって
きたはずだから、

それなりのクオリティを感じるはず?

と思うのですが、

 

あくまでも個人的には、
ピノ・ノワール🍷のクオリティは、
やはり、

フランス>ドイツ

という印象なので…(^^;;

品種毎にふさわしい土地性はあると思います。


キスヴィンさんのワインを飲むと、
いい意味で、キスヴィンスタイルを感じます。

特に赤には感じる。
そこにはフランスのワインを感じます。

それが自分はとても心地よい。
キスヴィン。
まさに、こんなワインには口づけ💋したく
なります。

キスヴィンブラボー

斎藤さんをスカウトした、
栽培の荻原さんも素晴らしい方のようです。
そこまで書ききれませんでした(^^;;

次回に…
いつかな…(๑˃̵ᴗ˂̵)

ワインのばか@奥野田ワイナリー

奥野田ワイナリーのメーカーズディナーに行ってきました。

4品のお料理と、
奥野田のワイン8種のマリアージュ

ブドウとワインへの想いを、
中村夫妻が、
熱く語るなか、
会は進みました。


以下、ワインラインナップ✨
f:id:winenobaka:20180529215228j:image
1.奥野田フリザンテ 15
2.奥野田ラマート 16
3.桜沢シャルドネ 16
4.奥野田ロッソ 16
5.スミレルージュ キュヴェ エルヴァージュ 16
6.HIYAKE ヴィンヤード 14
7.ヴィンテージブリュット ヌーベルバーグ 15
8.ローズロゼ 17


飲み進めるうちに、
疑問が湧き、
わいんのばか、
質問がとまりません💦
面倒くさがらず、熱を持って、
回答してくださいました。感謝。


山梨の甲州といえば、補糖があたりまえ
という頭でいたのですが、

7番の甲州種のブリュットには驚愕でした。

ドサージュしていない、
ブドウの糖だけで、
これだけのふくよかな甘みを
感じさせるのは、何故?

一日で均等に日の当たる仕立て、
南向きの畝、
日較差のある環境、
20年の樹齢、
関東ローム層の下の下の層までの根が💦
三層下の御影石に根が届くと、
ブドウに複雑味をもたらすそうです。

以上の条件が整い、
平均22〜23度までに糖度が上がり、
滋味がもたらされます。

さらに、こちらのノンヴィン、
1990年のリザーブワインを15パーセント

使用していて、奥深さも感じます。


トラディショナル方式で、
動瓶は完全手作業で、

野生と培養酵母でスタイルを決め、
化学農薬は春の散布にとどめるそうです。

後はボルドー液やら非科学で対応。

7番以外のワインも、
とにかく丁寧で、素材を感じるワインでしたが、ヴィテスヴィニフェラ系がとくに素晴らし
かった。


微生物の研究を継続的に進めていて、
納豆菌の活用研究にも取り組んでいる、
という、

これからの変容もとても楽しみな

ワイナリーです。

ご夫婦のワインへの愛に溢れるトークと、
笑顔とパワーが素晴らしかった。

http://web.okunota.com

ブラボー♡奥野田ワイナリー(๑˃̵ᴗ˂̵)



あっ💦

お料理は、

 

白アスパラガスのムス、

真鯛フェンネルソースで、

グリンピースのリゾット、

鴨肉のロールキャベツ モリーユ茸ソース、

 

日本ワインの良さを活かすラインナップ

でした♡

 

 

 

 

 

 

 

 

わいんのばか@ディプロマ準備クラス

月に一度の好奇心を満たす時間が、

ディプロマ準備クラスです♡

 

今期は醸造がテーマで、

本日は発酵がテーマで、

 

酵母、yeast

亜硫酸 SO2

硫化水素 H2S

窒素 N

 

などなど、元素記号のオンパレードです。

 

発酵の段階の、

嫌気、好気の処理方法もワインのスタイルに

関与します。

 

酵母もブドウのように土地性や個性があります。

天然酵母の考察から培養酵母が培養され、

酵母のチョイス、発酵槽、発酵温度、

醸造工程により、

スタイルが決められてきます。

 

サッカロマイシスセレビシエは、

評価の高い成果をあげる天然酵母

 

もたらす好ましい香りや、

安定的な発酵の促しをもたらす、

モテ系酵母

 

その他の酵母にも良さと悪さがあって、

酵母も人間みたいなのです。

サッカロマイシスにももちろん欠点あります。

 

 

不完全

 

 

いろいろな不完全と、

目指すベストな状況の維持、

最良の醸造方法、

 

偶然と必然が折り重なり、

ワインができるのです。

 

ワインの誕生は人間の誕生と

とても近しいと感じます。

 

そして、

 

 

講義のあとは、

試飲会になだれ込みました(๑˃̵ᴗ˂̵)

f:id:winenobaka:20180519214731j:image

 

大好きなピノ・ノワールを、

 

様々な国、

ブルゴーニュ畑違い、作り手違い、

と、たくさんいただきました。

 

 

嗚呼、大満足🍷

 

わいんのばか@ピノ・ノワールはブルゴーニュ♡

マルサネ2015
フィリップ シャルロパン パリゾ

アンリジャイエの教えを引き継ぐ造り手。

f:id:winenobaka:20180514234134j:image


外観は淡いルビー
グラスに鼻を近づければ、
大人しくも可憐に赤果実が芳香。
ストロベリー、チェリー、フランボワーズ…
強すぎず、心地よい香りを放ち続け、

そこに、
ミネラル、
木樽のニュアンスが控えめにも上品に重なり、

ハーモニーをなす。

 


一見、優等生的な、
主張より協調に重きを置いた、
可憐にして美しいワインです。

 

村名にして、このお値段に、

このクオリティはお得感あり!

 

ブルゴーニュピノ・ノワールの、

村名ワインにチャレンジする方には、

お勧めします。


そして、若くても、

穏やかな香りに余韻と落ち着き

をもたらすため、

早飲みにも適していますね。

 

古樹が多く、
リュットレゾネ(減農薬栽培)で、
100%除梗。
収穫年に応じて、ぶどうを活かすべく、

ピジャージュやルモンタージュの施しに、

違いもあり、

新樽率は、

ACブルゴーニュから、村名、畑まで、

50〜100%のようです。


赤身の牛肉ワイン煮、
鶏レバ、焼き鳥、

合いますね♡合いますね♡

 

ブルピノ大好き(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

わいんのばか@日本のアルバリーニョ

日本ワインコンクール2017で、

銀賞受賞したワインです。

 

安心院ワイン アルバリーニョ 2016

f:id:winenobaka:20180512210644j:image

 

こちらのワイナリーでは、
2011年からアルバリーニョを試験栽培してきたそうです。

アルバリーニョといえば、スペイン リアスバイジャス産地が有名。

 

リアスバイジャスは、

海洋性の気候で、

大西洋から吹く湿った風と、

降水量の多い、

ヨーロッパの割に湿気のある地域で、

ここで作られるアルバリーニョからは、

果実味あるミネラリーでクリーンな、

スタイルのワインが作られがちです。

 

今回の安心院のアルバリーニョは、

白桃やマンゴスチン

早熟なパインのトロピカルな香りに、

シトラスやグレープフルーツの柑橘が、

香水のベースノートのように効いていて、

後からミネラル感がやってきます。

 

安心院って盆地なので、ミネラル感は、

土壌からくるのでしょうか。

ご当地リアスバイジャスなら、

間違いなく大西洋の潮風効果だと思うのですが。。。

 

そこが不思議です。

そして、醸造方法が気になります。

 

芳香系の白ワインですが、

例えるなら、

ヴィオニエに感じる、

オープンマインドな少年というより、

白いコットンシャツが似合いそうな、

やや色白の大人びた青年を想像させる、

そんなワインです♡

 

白身魚や昆布だしに合いますね。

白桃のジュレなんかも合います。きっと。

 

この度は、

美味しい和食といただきました。

素敵なマリアージュでした。

f:id:winenobaka:20180512211045j:imagef:id:winenobaka:20180512211054j:imagef:id:winenobaka:20180512211111j:imagef:id:winenobaka:20180512211128j:image

 

 

安心院のアルバリーニョ。

海外でも好まれると思います(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

 

 

 

 

 

 

わいんのばか@幻のレストラン

わいんのばかの淡い思い出。

 

レストランウエディングは、

新緑のこの季節、

今はなき、

ラブリーズドヴァレ』

で、でした。

 

このレストラン、九品仏にある、
ラビュットボワゼの姉妹店で、

ナイナイ岡村似の店員がいて、
居心地よく、
お食事も美味しく、
デザートのロールケーキが、
秀逸で、

初訪以降、何度か通い、
そこで出会ったのがプゥイイフュメ。

初めて美味しいと思った白ワインです。


先日頂いたワインが、

そんなことを思い出させてくれました↓

f:id:winenobaka:20180510164840j:image

ジットン プゥイイフュメ ペシニョール 1997

 

抜栓1番のアタックは、
熟成ワイン、
後から、
フレッシュハーブ&ドライハーブの
香りがやってきて、
火打ち石と称するミネラルを感じ、
新旧のニュアンスが、
舌の上で、丸く、まろく広がります。

 

素敵に熟成したソービニヨンブラン🌿


香菜とクミンの効いた唐揚げにぴったり♡

 


今はなきレストラン…
今はなきマリッジリング…

 

ワインは時に、

タイムマシンになりかわります(๑˃̵ᴗ˂̵)